脱毛器で脱毛したあとの肌が赤くなるこ

脱毛器で脱毛したあとの肌が赤くなることがありますね。こすらず、すぐに冷やすようにするとじきに治まります。説明書にもありますが、脱毛後のお肌が赤くなるのは炎症のせいですので、症状が出ている部分を清潔に保ち、汗をかかないように気をつけ、保冷することが大切です。きちんと処置していても赤いのが良くならないときは、皮膚科のお医者さんに相談してください。炎症が悪化して赤み以外の症状(化膿など)が出てきたら、絶対に放置してはいけません。脱毛サロンの光脱毛は痛みを感じないという風説があるようですが、機器からの刺激がありますし、完全な無痛にはならないようです。
でも、家庭で脱毛器を使って脱毛したり、脱毛クリニックでの強力なレーザー脱毛よりは「痛くない」と感じる人が大多数です。
施術者の技術だったり痛覚の個人差などで痛みの感じ方は全く違ってくるでしょうから、例えば安くて気軽に受けられるサロンの体験コースなどでご自身がどう感じるか、試してみるのはいかがでしょうか。市販されている脱毛器は、使用者の安全が確認された上で販売されているので安心ですが、メーカーが禁止している方法で使用したり、使用方法を間違えると、思わぬ肌トラブルになってしまうことがあります。取扱説明書や別添の書類があればそれらもよく読んで、それらの使用法や注意点を守ってお使いください。
また、光脱毛方式を使う際は特に、説明書通りの使用方法を守ったほうがよいです。デリケートな人は少なめから始めて、あとから様子を見て通常の出力に近づけていくと良いかもしれません。使用後の器具のお手入れも説明書通りに行えば大丈夫です。
光脱毛はできない人もいますからご自身が該当しないかどうか確認してみてください。
ムダ毛を脱色して色素がない方や、抜く方法で脱毛してまだ生えてきていない状態の方は、光脱毛の効果が得られないので、発毛して色素が復活するまでは施術が受けられません。妊娠中であったり、紫外線に強く反応してしまう人、光感作のアレルギーのある人は施術を受けることができません。白斑など皮膚科で光線治療を受けている方も医師の確認が必要です。日焼け直後だったり、湿疹やメイクかぶれなど、肌の状態が良くない人も断られる可能性があります。
施術の負荷は少量ですが、それが適当でないと思われる場合は、安全性のほうが優先されるのです。お薬を服用中の方も注意が必要です。
市販薬の中にも、光に対して過敏になる成分が含まれているものがあるので、持病がある方と同様、医師にあらかじめ相談するのも有効です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です